バラエティ倉庫

がんで繋がる 動画 小林麻耶/見逃し配信フル無料視聴/再放送9月28日

がんでつながる/ドキュメンタリー がんで繋がる/動画/小林麻耶/見逃し配信フル無料視聴/再放送9月28日

 

2019年9月28日22時30分からBSプレミアムで『がんで”繋(つな)がる”』が放送されます

 

故小林麻央さんの姉;小林麻耶さんがナレーションでがんで繋がる/動画/見逃した配信フル無料視聴/再放送9月28日放送分

は、下記で
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ドキュメンタリー がんで繋がる/動画/見逃し配信フル無料視聴/
 

ドキュメンタリー がんで繋がる/動画/見逃し配信フル無料視聴/番組内容

 

毎年100万人ほどが、がん患者になる時代。患者を取り巻く状況も著しく変化している。治療法は多様化し、患者たちの戸惑いは増すばかりだ。そんな中、患者たちが独自の交流で、支え合う動きがでてきている。がんであることを隠さず、医療現場に頼るのではない患者同士のネットーワークで、病と向き合おうという。今年、前立腺がんを手術した宮本亞門さんも出演。患者同士がつながることの必要性を訴えた。語りは小林麻耶さん。

今回は9月28日(土)放映の小林麻耶さん語り『がんで”繋(つな)がる”について語ります。

番組内容ですが、毎年百万人ほどが、がん患者になる時代。患者同士が独自の交流で、支え合う動きがでてきた。

闘病の不安などの心の問題を、新たなつながりで乗り越える人たちの姿を描く。という内容です。

まず小林麻耶さんが小林麻央さんの経験があったために語りとして選出されたのでしょう、乳がんという疑いがでたのですが当時の医師が細胞を直接採取して調べる「生検」の必要ないといいはってしまった影響と情報ではでています。

日本人の死亡原因の第1位はガンですが、部位別のガンとなりますと男女共に第1位が「気管支および肺」となります。

やはり煙草を喫煙しているもしくは受動喫煙の影響をもろにうけている人ということになるのでしょうか?

2位以降ですと男性は、「胃」「肝臓」「結腸」「膵臓」、女性の第2位以降は、「結腸」「膵臓」「胃」「乳房」となります。

医師からガンと告知された時は誰しもショックを受けます。番組では患者たちが独自の交流で、支え合う動きがでてきている。

がんであることを隠さず、医療現場に頼るのではない患者同士のネットーワークで、病と向き合おうという動きについて紹介します

つまり心のケアといったところですね。患者同士の絆は非常に大切だと考えます。

  がんになった人だからこそ思うことがあると思うのでそうゆう方々の思うを知れたらいいなと思いました。

いつ自分が病気になるのか分からない、この世の中でがんと今闘っている人たちがどんな風に過ごしているのか知れるのはすごくいい機会だなと思いました。

治療を通してお医者さんや看護婦さんだけで繋がるのではなく、色んなネットワークがあるからこそ繋がれることもあるのだと知れるのは自分のためではなく、これから周りの人や自分の身内ががんになってしまうこともある可能性もあるので色んなネットワークで繋がることが何かその人や自分に影響が与えられたらいいなと思えたらいいなと思いました。

毎年100万人という大勢の人ががんと向き合っているという事実がすごいなと思いました。

芸能人でも今回出演する宮本亜門さんや語り手の小林麻耶さんは自分の身に起きたことだったり、身内に起きたことだったりとがんが身近に起きているからこそ思うことは色々あるんだろうなと思いました。

自分がガンになって何を思ったのか、治療中にはどんなことをして乗り越えたのか知りたいなと思いました。

また小林麻耶さんは実際がんだった妹を亡くしているのでどんな思いなのか今なら話せるのかなと思いました。

がんで”繋(つな)がる” キャスト

 

出演
宮本亞門,

語り
小林麻耶

 

がんで繋がる/動画/見逃し配信フル無料視聴/再放送9月28日

 

日本国民の死因の中でも上位にあたるがんについて、取り扱う番組自体は多数あるものの、患者同士の相互の関わりについて密着したものはさして多くないように感じるので、こうした番組は従来の目線からは異なる視座から描いているのではないか、と思います。

実際に患者とその家族が病に向き合う際には、お涙頂戴のお話は役に立たなくて、こうした現実的なお話の方がよほど共感も得られるし、励みになるのではないか、と思いますので、今、病に向き合う、悩んでいる方に向けても良い番組となっているのではないか、と思います。

また、今がんに関わっている人のみならず、知見のない人にも取っ掛かりとして良い番組になると感じました。

加えて、実際がんの治療を行っていた宮本亜門さんも出演されるとのことで、あれほど多忙な人が闘病した様もうかがい知れる珍しい場面になると思います。

様々な視点からがんについて考える、向き合う良い時間に出来る番組かと思います。

また、語りを妹さんをがんで亡くされた小林麻耶さんが務められたとのことですが、こちらも感情の入り方が普段のナレーションとは異なるかと思いますので、普段気にしない部分になりますが、注意深く耳を傾けたいと思いました。

 

ドキュメンタリーがんで繋がる/動画/見逃し配信9月28日まとめ

昔は結核などの感染症で亡くなる人が多かったですが、今では死因の第一位はがんが占めています。

しかし医療の発達によりがんはステージによっては、市の病ではなく生活習慣病になってきています。

9月28日土曜日放送の小林麻耶さん語り『がんで”繋(つな)がる”』ではそんながんについて、治療を受けている立場から語られます。

がんの死亡率が減ってきてはいても治療が非常に過酷なのは今も昔も変わりません。

そこで心の支えとなるのが患者同士のネットワークです。治療の辛さや治療費をどう工面するかなどの悩みを患者同士で話をして解決していきます。

今回の番組ではそのような患者同士のネットワークを取材して放映します。また番組を進行するのが小林麻耶さんと宮本亜門さんです。

小林麻耶さんは妹をがんで亡くしており、宮本亜門さんは前立腺がんを克服した経験があります。

二人ともがん治療の最前線を経験しており、がん治療の真実が二人の間で語られるものと思われます。

番組の最後には質問コーナーがあると思われますが、どのような質問が来るのか、それに対してどのようにメッセージを送るのか見ものです。

医療に興味のある私には、非常に楽しみな医療番組です
 
小林麻耶さんによって語られる番組「がんで”繋(つな)がる”」は、奇しくも姉をガンで亡くしている麻耶さんに語られるので、何だか切ないものがありますね。毎年百万人ほどががん患者になる時代、、。すごく多いですよね。

ある程度年を重ねてくると身近な人がガンになることも出てくるので、他人事ではないですね。

もちろん自分もガンになる可能性もありますし。ガンになったときの患者の心の揺れ具合は、凄いものがあると思います。

ガン=死という公式が頭からはなれないのではないでしょうか?きっと、私はそうなると思います。

自分が死んだあとに、子供たちが急激な生活変化に耐えられるだろうか?と心配しそうです。

もちろん自分の体もどうなっていってしまうのか?と不安で仕方ないでしょうし。

ガンの治療法も多様化しているし、医師によって考え方も違うでしょう。

情報もたくさんあるようで、どれが正解なのかも分からない。まるで出口のないトンネルに迷いこんだかのような気持ちになりそうですね。

そんなときに、同じ病を持った人と不安を分かち合えたら、すごく安心するのではないかと思います。

同じ立場だからこそ分かり合える!と思います。

患者同士が繋がる必要性について語る、このような番組は揺れ動く心を安心させる一つの手だてを教えてくれるようで、是非見ておきたいと思います。

総括

「がんで繋がる」ではがんに関する真実が語られます。

がんは生活習慣病と言われており、基本的には在宅で治療する病気に変わりつつあります。

しかし治療の過酷さは軽減されつつあるとはいえ、厳しいのには変わりはありません。

そのような治療の辛さを支え合っているのが、がん患者自身が運営しているセルフヘルプグループです。このセルフヘルプグループでは治療の辛さなどをお互い話し合って、心の支えとしています。

またがんの治療には多額の費用がかかります。そのようにセルフヘルプグループでは治療の辛さを患者同士が支え合う場です。

この番組の語りは妹をがんで亡くした小林麻耶が務め、出演は自らもがんの経験がある宮本亜門が務めています。

そのためリアルな体験を聞く事ができます。特に小林麻耶の妹である小林麻央はつらい治療を経験した上で亡くなっており、姉である小林麻耶はその姿を見てきました。

今回の番組では小林麻央の治療に関しても語られると思われます。このような内容のテレビ番組は他の番組ではまず見ることは、出来ないと思われます。

がん治療などの非常に過酷な医療に興味のある私にとっては、非常に面白い番組であると言えます。

がんはもはや不治の病ではないと思います。治療法も本当に多様化してむしろ患者さんが迷うぐらいありすぎるんです。

医療現場だけではサポートしきれないことがあるのは非常にわかります。一度完治してもまた再発するかもしれない。

でも日々の生活もあるので働きたい。治療に関してはお医者さんに頼るのですが日々の生活はだれに相談すればいいか。同じ経験をした者同士なら頼りになりますよね。

完治した人、完治してなくて様子観察の人もいますよね。いまやがん患者でも労働するのは珍しくないです。

でも手続きや会社との関係に悩む人は多いですよね。解決策はすぐに出なくても相談だけでも気が楽になることはいっぱいありますよね。

宮崎亜門さんも今年前立腺がんを治療したばかりだから具体的な体験談をいろいろ話してくれそうですね。

少し前まではがんにり患したことを隠して生活された人も多いと思いますが、公表することで差別的な扱いを受けることなく今できることを一緒に選択していく、一人一人多様性にあふれた生活ができていくのも時間の問題なのかなと思います。

また、番組を通してり患したことの無い人々もこんなことがあるんだと理解を深めると同時に、自分がなった時にこういうサポートがあるんだと希望につながればいいですね。

がんでつながる/がんで繋がる/動画/見逃し配信フル無料pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみることはできません
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

がんで”繋(つな)がる”