バラエティ倉庫

仮面ライダーゼロワン(5話)動画 5話 無料配信公式見逃した配信再放送9月29日

仮面ライダーゼロワン(5話)動画 5話 無料配信公式見逃した配信再放送9月29日

 

2019年9月22日9時からテレビ朝日で『仮面ライダーゼロワン第5話』が放送されます

 

当記事では、仮面ライダーゼロワンの第5話の無料動画視聴についてとみんなの感想についてまとめた書きます。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダーゼロワン動画 第5話 無料配信公式見逃した配信再放送9月29日
 

仮面ライダーゼロワン動画 第5話 無料配信公式見逃した配信再放送9月29日番組内容

 

「カレの情熱まんが道」 或人はイズを連れて大人気漫画家・石墨超一郎のアトリエへ。子供のころから石墨作品を愛読している或人は石墨との対面に大興奮だったが、森筆ジーペンらアシスタントのヒューマギアを道具のように扱う石墨に失望してしまう。そんなジーペンに滅亡迅雷.netの迅が接近。或人の目の前でジーペンにゼツメライズキーを装着させて…!

 
ゼツメツライズキーによって、多くのヒューマギアをマギアへと変貌させてきた滅亡迅雷.netだが、だんだんと或人たちとの距離が近づいているので、これからどんな展開になっていくのかが楽しみです。特に、22日放送回の最後に、滅亡迅雷.net側の仮面ライダーも少し登場したので、どんな戦いをしていくのかが気になっています。

まだ、?詳細や、戦い方、変身シーンをしっかり見られていないので、それが見られるかも知れない事に期待しています。

今回の予告では、新しいプログライズキーを装着した形のライダーも映っていたので、そこにも注目したいです。プログライズキーは動物がモチーフですが、今度はどんな特徴を活かしたフォーム、技を繰り出してくるのかがとても楽しみです。ストーリーとしては、AIやロボットなどの機械の存在と人間との間で議論されてきている、感情について、毎回考えさせられています。

29日放送回でも、ヒューマギアをそのまま機械として扱う漫画家の一方で、機械にも心があり、それを通わせる事が出来ると信じる或人との、対立が見どころだと思います。他には、毎回のことながら、或人とイズのやり取りに注目したいです。

或人の言動やボケに分析的に突っ込むイズの姿には毎回和ませられています。

仮面ライダーゼロワン5話キャスト

 

仮面ライダーゼロワン/飛電或人(ひでん・あると):高橋文哉 仮面ライダーバルカン/不破諫(ふわ・いさむ):岡田龍太郎 イズ(いず):鶴嶋乃愛 刃唯阿(やいば・ゆあ):井桁弘恵 迅(じん):中川大輔 滅(ほろび):砂川脩弥 福添准(ふくぞえ・じゅん)副社長:児嶋一哉飛電是之助(ひでん・これのすけ):西岡徳馬 飛電其雄(ひでん・それお):山本耕史 ザットの声:日高のり子 ナレーション:山寺宏一
ゲスト
超人気漫画家・石墨超一郎:勝矢 アシスタントヒューマギア・森筆ジーペン:徳角浩太郎

 

仮面ライダーゼロワン動画 第5話 無料配信公式見逃した配信再放送9月29日感想について

同じ脚本家のエグゼイドも最初から何人もライダーが出てきて賑やかだった反面、個人的にはエンジンがかかるのに時間がかかったような気がしています。

対してこのゼロワンはかなり最初から飛ばしており、かつエグゼイド並みの丁寧さはそのままとかなり好印象で、不破の憎悪を簡潔かつ分かり易く一言で語らせたり、初心者マークを二話目の最後にあえて何の説明もなく出しておいて、次の布石とするなど引っ張りすぎないのも私好みです。

飛電の或人とAIMSの不破、見ている方向がほぼ同じながらギスギスしてるのは、少し「ルパパト」を思い出しました。何となく語り口も似ているようないないような。暑苦しい或人と氷の炎の不破、今後意外といいコンビになるのかも?ただどう考えても危険なところに積極的に子供を連れて行くのには、本人が先に勝手に来ていたとかの方がよかったような。まあそこが不破らしさなのかもしれません。

アクションについては、最初だから特殊効果に凝ってるのを差し引いても進化しているように思えます。

明らかにスピーディですよね!便利なロボにして人間の機微をちゃんと理解できたりと、ゲストヒューマギアの扱いは初回からとても良いです。今回も最後の力を振り絞って務めを果たした場面は感動の一言。

あっけなく散ってしまった分、新しく現れた敵ライダー?に対するヘイトも溜まって次回の見所がさらに増えました。

過去にデイブレイクが起こったヒューマギア製造工場のバスツアーに向かう或人。

そこには当時のヒューマギア製造工場の工場長であって人物の息子がいた。

デイブレイクが起こった原因は操作ミスによるものと周知されていたため、周りの生徒に罵られる。そんなことはないと反論するも話を聞いてもらえない。そんな時にマギアが現れる。

そこにAIMSの不破と刃も現れたマギアと戦闘する。デイブレイクの真相を知りたい工場長の息子は不破と製造工場に向かう。工場でデイブレイクが起こった真相を探しているが特に何も見当たらない。またそこにマギアが現れる。

不破は諦めかけていた息子に前だけを見ろといって戦いに向かう。

今回は或人と不破にまた新しいプログライズキーが登場する。

諦めない息子は当時の映像が残されていたSDカードを見つける。中身を見てみると、滅亡迅雷によるヒューマギアの暴走を止めるべく自身が犠牲になって工場を爆破したものであった。それと同時に今回現れたマギアを不破が倒す。

その際に「ヒューマギアなんかいるから」と何な因縁があるような口ぶりを残す。無事に真相がわかったところで今回は終わる。徐々に世界観が分かってきて、滅亡迅雷の存在が世の中に知れ渡ったことで、次回以降に各組織の接点が期待出来るかなと思いました。

或人達が漫画家の職場視察をしついる中で、滅亡迅雷.netの迅が現れて、或人の目の前で森筆ジーペンにゼツメライザーとゼツメライズキーを装着させて暴走するマギアへと変身させるという内容を見て、段々或人を挑発するかの様に直ぐ側で迅がヒューマギアをマギアへ変身させる展開になっているなと感じていて、是之助が残したゼロワンに対して、司令官の滅も関心を示している事からも更に挑発行動はエスカレートしていくだろうなとも予想され、その対決シーンも楽しみだなと思いました。

予告編にゼロワンが更に4つ目の新フォームチェンジをしていた姿がチラリと映っていましたが、赤い色の姿に炎をまとった様な姿にまたまたカッコいいなと感じました。

3つ目のフライングファルコンの空を飛ぶ姿もカッコよかったですが、この予告編に映し出された炎の中に立つ新たなフォームのゼロワンも大変カッコいいなと思いました。

どんな力を秘めているのか早く見てみたいと今からワクワクしています。

更には3話ラストで滅が変身していた謎の仮面ライダーも次回は登場するのか?という点にも注目していて、AIMSの不破もバルカンがパンチングコングにフォームチェンジしましたし、三つ巴の争いが更に激しくなりそうな点も非常に楽しみだなと期待しています。

仮面ライダーゼロワン動画第5話9月22日 感想やネタバレ

 
飛電或人がイズと共にバスガイド型ヒューマギアのアンナの職場視察をかねて観光バスに乗り込み、アンナの説明する12年前に起きたデイブレイクタウンの事を聞いた或人が、顔を曇らせてしまうのを見て、或人はまだ子供の時に起きた爆発事故で、自身の父親のヒューマギアである其雄も或人を庇い亡くなっていた事から、きっと聞きたくない事故の話だったろうなと感じました。

乗っていた中学生の桜井郷という少年の父親が爆発原因となった工場の責任者で、皆からからかわれていたのも、真相が分からない事から可哀想だなと思いました。

そんな郷に同情した或人が副社長の福添に、デイブレイクタウンでの爆発原因を訪ねましたが、明らかに何かを知っている口振りで非常に怪しいなと感じて真相が気になってしまいました。

或人がマギア達を足止めする中で、デイブレイクタウンへと踏み入った不破と郷とアンナが、旧型ヒューマギアのメモリーカードを見つけ、その映像から郷の父親の聡が、滅亡迅雷.netから人類を守る為に工場を閉鎖して亡くなったと分かった展開は、仕事に責任を持ち、他人を助けようとした聡の勇気も感じて、ストーリー面でも十分楽しめたなと感じられた回でした。

5話では、一人のマンガ家、石墨超一郎が主要人物になっていて、マギアとの戦い、主人公の変身だけでなく、マンガ家さんの物語みたいな所もみどころになっているなと思いました。今回登場するマンガ家の石墨超一郎は、マンガを描けなくなってしまったみたいですが、そんな状態から、主人公の飛電或人や、イズがどう関わっていくのか、石墨は再びマンガを描けるようになるのか、マギアの展開も楽しみにしています。

飛電にとって、憧れの存在だったのにアシスタントを任せているヒューマギアを粗末に使ったり、マンガのストーリーまでもヒューマギアに考えさせてたりする訳ですが、どうしてそうなってしまったのか、人型のヒューマギアというのは時に、人よりも有能な存在となる事もあり得るほどですが、ヒューマギアにはない、心を人はもっているので、そういった人間としての重要な在り方が、ヒューマギアという人に近しい存在がいるからこそ、知れる事があるのではないかと、思いました。

それから、石墨超一郎とアシスタントヒューマギアの森筆ジーペンの関係性も、みどころに感じました。ヒューマギアには心がありませんが、ジーペンを粗末に扱っていた石墨は、どんな風に変わっていくのか、心がないとしても、長年一緒にいたヒューマギアに愛情が芽生えるのか注目しています。

仮面ライダーゼロワン/動画5話までの総評

 

 
あらすじはバスガイドヒューマギア・アンナ(大久保聡美)の職場視察のため、或人(高橋文哉)とイズ(鶴嶋乃愛)は、中学生を乗せた観光バスに同乗。のどかな景色に心癒される或人だったが、12年前の爆発事故現場にやってくると表情を硬くする、でした。感想ですが、まずは毎回衛星から様々な武具が送り込まれて部分変身をしておりますが、今回は鳥でしたね。

鳥型の敵が現れたために飛べない仮面ライダーは対処できない、そこに秘書イズがやってきてデータを渡してゼロワンも鳥型のフォームになり敵を撃墜するのでした。

必殺技としては剣がビームレーザーのように巨大化に具現化して敵を一掃していったのはかっこよかったですね。やはりCGとアクションの融合はすごい。

今回アンナが暴走したわけですが、結局倒しましたが、元に戻るかと思いましたが、処分されてしまいましたね。でも諫が最後まで始末してくれなかったおかげで真実を知ることができた、無罪を晴らすことができて良かったと思います。それにしても敵側の仮面ライダーは紫ですか、仮面ライダー新しいのが登場しましたね、次回にも期待しております。
飛電インテリジェンスがデイブレイクは工場の爆破による物とし、真実を隠しており爆発を起こした工場長の残された息子がとてもみじめな思いをしているところから始まり、或人が真実を公表すると公言し、不破も混ざって現場に向かい真実を突き止め、或人がそれを公表、真実はただの工場爆破ではなくヒューマギアの暴走を止める為に爆発した英雄で終わり、とても綺麗な終わり方で、虐めていた子供は素直に謝罪していたが、この様なことがあった場合、大半は虐めていた側が逆切れをして、虐められていた人を英雄とは言わずに報道が悪いと悔い改めたりはしないです。

脱線しますが、虐める人と言うのは顔や恰好が似ていると言うだけで、犯人でもない人が犯人扱いされデマが拡散し会社への無言電話や、誹謗中傷の書き込み等で名誉を傷つける行為をします。真実が分かったとしても報道のせいとし、謝罪をする人が殆どいないです。

結果、裁判を起こし、賠償命令をされたりしますが、賠償金を支払わなかったりする事もあり被害者はいつまでも肩身が狭い思いをする話を聞きます。

虐めをする人の大半は悪くないと思い行動しており、虐めがいけないと分かっているならそもそも虐めたりしないです。ただ、あり得ないことでも子供たちに綺麗に見せるのは素晴らしいと思っており、そう言ったいわれのない被害者が減ることを願っているのも事実です。

最後にバスガイドのヒューマギアを壊した滅亡迅雷.netの仮面ライダーも気になります。早々と敵を変身させるスピーディーな展開に次回も目が離せないです。
 
デイブレイクタウンの12年前の爆発事故を巡っての真相に触れた内容の回でしたが、その真相に近づく為に侵入しようとした不破に唯阿が新しいプログライズキーを手渡したのは何故なのだろうかと疑問に感じました。それだけデイブレイクタウンの中が危険な場所だと知っているからか?滅亡迅雷.netの拠点があるという事を明らかに知っている素振りの唯阿の様子も気になってしまいました。

仮面ライダーバルカンが新たにフォームチェンジしたパンチングコングは、かなりのパワーを秘めたライダーで、コウモリの姿をした暴走したヒューマギアをパワーパンチングブラストという必殺技で倒したシーンは、とても迫力のあるシーンだったなとワクワクしてしまいました。

また、或人の方も通信衛星ゼアにイズが飛行能力に対する対抗手段を検索して作って貰った新しいプログライズキーを手渡されましたが、変身したフライングファルコンという空を飛べる新フォームを見て、なかなかカッコいいなと思いました。残念ながら必殺技等の見せ場が次回へのお楽しみになりましたが、主人公らしい迫力のある必殺技が見られる事に期待しています。更にハッキリとは映りませんでしたが、滅亡迅雷.netの滅が変身した謎の仮面ライダーも登場したのには、大変興奮しました。

まだまだ未知の仮面ライダーの力に更に更にワクワク感が増しました。

観光ガイド型のヒューマギアの性能視察からスタートしました。

ガイドが向かう先は、飛電或人の父も奪った巨大な爆発事故の地、デイブレイクタウンです。ガイドツアーに参加したのは地元の中学生で、その中にはデイブレイクタウンの最高責任者の桜井聡の息子も参加していました。世の中では桜井があの爆発事故を起こしたとされ、その息子もその弊害にあっていました。

そのような状況の中、滅亡迅雷.netがバスの運転手をハッキング、バスを爆破します。そこに居合わせた或人は変身を試みますが、そこにAIMSが到着し変身できず、その場は終了します。

AIMSにも幼い時デイブレイクの事故にあった不破がおり、その息子とともに立ち入り禁止のデイブレイクタウンに侵入、真実を明かしに行きます。

あらすじはこのような感じですが、4話はとても見どころに溢れた内容となっていると思います。まず、さまざまな人の命を奪ったデイブレイクの原因が最後には明らかになり、飛電インテリジェンスの無実は証明される部分や、本来ゼロワンに変身できることがAIMSにバレてはならない或人も信頼を獲得するために不破の前で変身をします。そういった真実が明らかになる部分、自分が正しいと感じたことをやる、そういった真っ直ぐな姿勢が観れる面白い話になっていると思います。

まとめ

 
オープニングが前回より始まりやはりかっこいいなぁ…とスタートから惚れ惚れしてしまいました。

第5話ですが、ストーリー展開が早くとはいえ主人公のアルトくんが社長として社員を大事にする姿勢がまだ就任したばっかりなのに今回も垣間見えてよかったですね。また、不破さんの強い気持ちも。とはいえ力づくでオーソライズさせるあたりがベルトにかざしたらいいんだよいうところを誰か教えてあげての気持ちです。

二人のヒューマロイドに対する気持ちが真反対なところも今後のストーリーでどうなっていくかも気になります。

命を助けてもらったアルト、襲われ恐怖を感じた不破さん。

もしかしたらそれ以外にもヒューマロイドに対して憎く感じる理由があるのかなと感じています。まだ始まったばっかりですが、キャラデザインがよくフォームやベルトデザインなど好みなのでこれからどんどん出てくるであろうキーにも注目ですね。四話は飛行タイプに適したキーの登場で飛べるゼロワンに。

パワーキーの登場もこれからどんどん不破さんも強くなっていくのだろうなと期待大に。今回の過去映像によって、工場爆発の責任の在り処がはっにりしたあたりも救われた感がありましたね。来週もかなり楽しみです。

 

仮面ライダーゼロワン動画5話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ないときは

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

『仮面ライダーゼロワン』動画5話