バラエティ倉庫

ソーイングビー 動画 再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/10月3日/第1回スカート対決~

ソーイングビー 動画 再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/10月3日/第1回スカート対決~

 
ということで記事をお伝えします。

2019年10月3日21時からNHK Eテレで『ソーイング・ビー 第1回「スカート対決」』が放送されます

 

ソーイングビーnhk/eテレ/動画/見逃した配信再放送/無料視聴/10月3日/第1回スカート対決~

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー 動画 再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/10月3日/第1回スカート対決~~
 

ソーイングビー 動画 再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/10月3日/第1回スカート対決~番組内容

 

イギリス全土から集められた裁縫自慢たちが腕を競い、厳しい審査を勝ち残ってチャンピオンの座を目指す。参加するのは、20代~80代の老若男女8人。

最初の課題「Aラインスカート」に挑むため、用意されたさまざまな生地から好みのものを選んでソーイングを開始する。

ポイントは、型紙どおりに作る技術があるかどうか。

▽英BBCで放送された「裁縫バトル番組」。次回にわたって3つの課題をクリアしたら審査で退場者が決まる

海外の英BBCの番組が日本語版で視聴できることが珍しく面白そうだなと感じます。

日本とは違う海外の番組は、なかなか見る機会がないのでどんな感じなのかとても気になります。

全土から集められる出場者や裁縫名人になるために課題に挑んだり脱落者などがあるのは海外らしいなと感じます。

イギリスの裁縫自慢の人の技術などが見られると思うと面白そうだなと思います。

イギリス全土から出場者を集めるのも規模が大きく日本とは違うのかなと感じます。

出された課題をどのようにクリアしてどのようなものを作り上げるのかとても興味が沸いてきます。

同じAラインスカートでも使う生地などで個性が出そうなのでそこにも注目したいなと思います。

型紙どおりに作ることが求められるのはアマチュアではなくプロみたいだなと感じ求められているレベルが高くて見ていて楽しそうだなと思います。

課題をクリアしていき審査で退場者を決めるところなどハラハラしそうですし感情をいれて視聴してしまいそうだなと思います。

裁縫に興味があってなかなかチャレンジできてない人のはじめるきっかけや裁縫に興味がない人でも楽しんで視聴できそうだなと感じます。

 

ソーイング・ビー キャスト

 


四宮豪,小松由佳,庄司まり,北原沙弥香,中務貴幸,山口協佳,伊藤磨紀,池田朋子,土井真理,福西勝也,石井未紗

 

ソーイングビー 動画 再放送 フル無料視聴/見逃し配信/nhk/eテレ/10月3日/第1回スカート対決~の視聴者評価

 

同じ時間枠のこれまでの番組を継続的に見ていたので、次からそういう番組が始まると宣伝がやっていて、何だか面白そうだと思ってたんです。

日本では「制限時間内にテーマの料理を完成させる」番組があったりして、そういう番組を楽しむ土壌はありますよね。

それに、アマチュアの方も含めた、特定分野の腕を競って優勝者を決める番組もあるものの、そうした中でも「裁縫の腕」を競うものはあまり見ないなと思い、お国柄だな~と感じます。

「Aラインスカート」というのも。

私個人は興味のある分野です

裁縫は苦手ですが、何か新たな創造意欲を掻き立ててもらえたら嬉しいです。

まだ後々の課題は分かりませんが、1回目は「イメージ力・アレンジ力」が問われるのではなく「型紙どおりに作る技術があるかどうか」がポイントになっているとか。どう盛り上がるのか想像がつきません!

日本の番組の中では、アマチュアの方でも「どういう作品や行動が求められているのか」という空気を読んでおられる印象があり、本当に自分のよく知っている好きな人が出ているとか、好きな分野でないと自分も入り込みにくいなと感じますが、海外の番組のサラっとしている「好きな時に入って好きな時に出て行ける」空気感は好きです。

ソーイングビー/動画/見逃し配信/10月3日/第1回スカート対決~みんなの感想

以前デザイナー選手権という感じのものはありましたがこの場合はデザイン、創造性が審査ポイント。今回のソーイング・ビーは「型紙通りに作る技術があるか?」がポイントです。

実は結構これ大変です。

私は被服学科を出ています。

実はAラインスカートは簡単そうで難しいのです。

スカートのラインを綺麗に出すには型紙に忠実に作らないのはもちろんですが布の厚さ(ミリ単位)で縫製しかたの微妙な調整が必要になってきます。

用意された布のセレクトで縫製のやり方が違います。

その点をどう乗り越えるのか?見どころポイントです。

1枚の布の平面構成が「スカートになる」という立体構成になる過程は見ているこちらも楽しくなってきますよね。

高校の家庭科の授業も25年ほど前に男女共習になりました。

いまの40代が高校の家庭科の授業で行ってきていることと全く違います。

今の35歳以下の方々にはとても新鮮に映ると思います。

市販のスカートは分業制で海外で作られることが多いです。

手作りで作るご家庭が今少なくなる中目の前でその過程の全てが見れるのは貴重な体験です。

この番組はイギリスの番組で日本語に吹き替えてある番組ですが、とても面白そうです。

イギリスでなくても、普通に日本でソーイングバトルをしたら、それなりに面白い番組ができると思います。

勝手なイメージですが、なんかイギリスの裁縫っていうのがいまいちピンとこないのですが、世界各国にある、裁縫技術がどんな風なのかとても興味があります。

この番組の宣伝を見ただけで、絶対見たいなと思うような感じでした。

内容としては、型枠通りにスカートが作れるのか、技術を競うバトルのようですが、とても面白そうです。

裁縫をやったことのない私から見ると、簡単そうに見えて、実はとても大変なんだろうなぁと思ってしまいます。

この番組も何回かこの後も続けて放送されるようなので、毎回楽しみに見てみたいと思います。

私たちの知らない、裁縫技術や細かな審査の要点があるのだろうなぁと思います。

お裁縫にも色んな縫い方などがあることくらいは知っていますが、果たして、イギリスではどんな技術があるのだろうと興味があります。

この大会を是非、日本でも日本人でやってほしいなぁと思ってしまいます。

日本人ならなんかもっとすごいことがあるのではないかなーって勝手に思ってしまいますが、是非この番組で色々なことを勉強したいと思います。

ソーイングビー/動画/見逃し配信再放送無料視聴/10月3日/第1回スカート対決~ストーリー性

まず「裁縫バトル」なるものが、存在することを知らなかったので、非常に驚きです。

私も趣味でミシンで小物を作ったりします。そのように趣味で好きに作っている立場からすると、裁縫というものは「対決」や「競争」と非常にかけ離れているものだと思います。

その一見交わらないであろう2つの項目が交わる時、どのような面白さがあるのでしょうか。

参加する人たちは、年齢も性別もバラバラということです。

また各々が好きな生地から選んで、作り上げるということも特徴だと思います。

同じAラインスカートだとしても、生地や組み合わせ、なにより作り上げる人の技量によって、全く印象が違うものになるのではないでしょうか。

出来上がったものにも注目したいと思います。

またそれらを、審査員がどのような観点から評価するのか、審査する側の姿勢にも注目したいです。

そして良い人を選ぶのではなく、回を重ねるにつれて退場者が決まるというのも特徴的なやり方だと思います。敗者になる人は、悔しさいっぱいだと思います。

そのような結果や評価に対する、出場者の反応も見ものです。

また、イギリスの番組という事ですが、日本でこういうものが行われても面白いかもしれません。

今まで、ソーイングに着目したバトルを見たことがないので、どんなことが行われて、お裁縫の優れた人ってどんな技を持っているんだろう?

と知らない世界を覗き見させてもらえるようなワクワク感があります。

Aラインスカートを作成する対決が行われるとのことで、普段履いている身近なものなのですが、なかなか製作過程は見たことがない人がほとんどなのでは?

全土から集められた参加者たちが、どんな風に製作していくか、そしてどういう作品ができるのか楽しみです。

また、スポーツと違い、お裁縫というジャンルは男女や年齢を問わず、参加ができるという点も興味深いと思いました。

すでに厳しい審査に勝ち残った参加者たちがしのぎを削るバトルは、格闘技以上に熾烈なものになりそうな予感もします。

脱落もありなので、ハラハラしながら手に汗握る戦いになりそうですね。

戦いのポイントはいかに型紙通りに製作する技術があるかという点だそうで、アマチュアの裁縫名人の腕はどんなものか見応えがありそうです。

英BBCで放送されたものを日本語に吹きかえられているとのことで、普段なかなか見ることのできない放送が見られるのもありがたいですね。

「裁縫名人」の栄冠を手に入れるチャンピオンは誰になるのか、とても楽しみな番組です!
ですね。

ソーイングビー/動画/見逃し配信まとめ

 

面白そうな所は、裁縫でバトルをする所です。

裁縫は、苦手なので上手な人は、憧れます。

日本でも裁縫の得意な人の作品などをみるととても上手に作られています。

この番組の面白い所は、年齢問わずに参加できる戦いという所です。

若い人も年配の方も裁縫というキーワードで一緒に戦えるのは、良いですね。

イギリスの裁縫自慢の人達の普段作っている作品などもみてみたいです。

今回は、スカート対決でしかも型紙通り作ると言う裁縫苦手なものにとっては、途方もない戦いですね。

型紙から布を裁断して縫い合わせてスカートを作るのですが、裁縫自慢の人達が、挑戦しているのでどの参加者も上手に作ると予想されます。

なのでその中から勝敗を決めるのは、縫い目とかほつれなどの細かいミスになると思います。

制限時間もあると思うので手早くきちんとした仕上がりのスカートを作れた人が、勝利すると思います。

三つの課題をクリアしていかないといけないので集中力も必要です。

裁縫は、細かい作業もあるので一つの課題に集中していると次の課題で疲れも出そうです。

8人の参加者の個性も楽しみです。

課題をクリアするごとに参加者同士で友情もきずきそうなのでそのあたりも見どころになると思います。

イギリスは、おしゃれな国でもあるのでスカートの生地なども注目したいです。

 

総評

ソーイングを趣味としていますので、とても気になる番組です。

「裁縫」と「バトル」という普通では結び付かない2語がくっついていることにまず興味をひかれました。

某テレビ局の○○チャンピオンのような企画なのでしょうか。

同じ「作る」という分野の中で、お料理や大工仕事のようなものは観たことがあっても、今までソーイングを題材にした対決ものは一度も観たことがありませんので、とても興味があります。

スカートだけの対決で30分間、どのような番組になるのかわくわくします。

出場者に80代の方がいらっしゃることも楽しみです。

私自身いつまでもソーイングを楽しみたいと思っていますので、お年を召した方がどのように取り組んでいらっしゃるのか拝見したいです。

また、イギリスの番組の吹き替えというのも気になります。

Eテレの吹き替えは子ども番組などで拝見すると面白いものが多い印象ですので、そういった面でも楽しみです。

8名の出場者はアマチュアの方とのことなので、趣味でソーイングを楽しんでいる者として、いろいろと技術的なものも参考になりそうかと期待できます。

「型紙通りに作る技術に関する3つの課題」とはなんだろうかと予想しながら楽しみに放送を待ちたいと思います。
トの生地なども注目したいです。

ソーイングビー/無料視聴/動画/ 10月3日/第1回スカート対決~ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないときは

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー/動画/見逃し配信再放送無料視聴/10月3日/第1回スカート対決~