バラエティ倉庫

NONFIX 見逃し 動画 配信/無料視聴/再放送フジテレビ/10月7日~

NONFIX/見逃し/動画/配信/無料視聴/再放送フジテレビ/10月7日~

 

2019年10月7日25時25分からフジテレビで『“アスペルガー”の絵本作家』が放送されます

 

NONFIX/見逃し/動画/配信/無料視聴/再放送フジテレビ/フジテレビ/10月7日~につきましては

下記にて
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NONFIX/見逃し/動画/配信/無料視聴/再放送フジテレビ/
 

NONFIX/見逃し/動画/配信/無料視聴/再放送フジテレビ/番組内容

 

絵本作家の西出弥加(にしでさやか)さん・30歳。動物をモチーフに色鉛筆とパソコンを使って、幻想的で独特な世界を描き出す。西出さんは「発達障害」を抱えている。

人とのコミュニケーションが苦手で、誰とも共感しあったことがない。子どものころのあだ名は“ロボット”。大学卒業後、デザイン会社に就職したが、人間関係がうまくいかず、5社を転々とした。自殺未遂とリストカットを繰り返した20代。「幼稚園の時から、“死にたい気持ち”だけが親友だった」と振り返る。

そんな西出さんに医師が下した診断は、これまでアスペルガー症候群と呼ばれていた自閉スペクトラム症(ASD)。

しかし、西出さんが“生きる”決意を固める出来事が、29歳の時に起きる。以来、少しずつ新たな挑戦を始める西出さん。始めたツイッターは5000人のフォロワーを集め、出版した絵本のキャラクターは商品化され、全国で発売されることに。そして、思いがけない新たな出会いが・・・。

苦しみや生きづらさを抱えている人の心を癒したいと、絵を描き、言葉を紡ぐ…そんなひとりの絵本作家の人生を見つめる。

NONFIXは、固定されていない本質を追求する本物のドキュメント番組ということなので、とてもおもしろそうだなと興味を持ちました。

次回の放送は、アスペルガーの絵本作家のストーリーということなので、どんな絵本を描くんだろうかと気になりました。
パソコンと鉛筆を使って独創的な世界を作り出すそうなので楽しみです。

しかし、そんなサヤカさんは、自身が発達障害であることでかなり悩んだということなので、どんな過去があるのか知りたいです。

自殺未遂までしてしまうなんて、よっぽど辛かったんだと思います。

今でこそ発達障害という言葉が広がって理解のある人も増えてきたけど、サヤカさんの子供の時には発達障害がまだまだ受け入れられていない時代だったと思うから、生きづらさをとても感じたんだろうなと思います。

しかし、ある人の死が転機となって生きようと思うようになったそうなので、誰の死なのかが気になります。

きっとその人はサヤカさんの心を支えていた人なんだろうなと思いました。

そんな気持ちがサヤカさんの描く絵本に現れているんじゃないかと思います。

今その人に気持ちを伝えられるとしたらどんなことを伝えるかなど、いろんなサヤカさんの人生の言葉を聞きたいです。

誰でも1度は人とのコミニュケーションの仕方に悩み、苦しんだ方はいるのではないでしょうか?

不定期放送の『NONFIX』

今回は、自閉症スペクトラムを発症した西出弥加さんにスポットを当てます。

西出さん、学歴を拝見したら申し分ないく、
また美貌の持ち主です。
逆にそういった部分も更に彼女の病状を加速していった気もします。

現在絵本作家、グラフィックデザイナーとして活躍されている西出弥加さん。

動物をモチーフに色鉛筆とパソコンを用いて、幻想的で独特な世界観を描いています。

そんな西出さんは発達障害を抱えていらっしゃいます。

大学を卒業し、デザイン会社に就職するもの人間関係がうまくいかず、5社を転々とした経歴があります。

自殺未遂とリストカットを繰り返した20代。

そんな時、mixiやSNSで発信し、ある事を契機に
転機が訪れます。

始めたツイッターは5000人のフォロワーを集め、出版した絵本のキャラクターは商品化され、全国で発売されることに。

順風満帆に見えますが、
それまでの苦労を考えると一概には言えません。
 

NONFIX キャスト

 

ナレーター
北口聖

アスペルガー症候群は自閉スペクトラム症ASD発達障害自分は障害者だと思い自分の殻に閉じこもってしまいます。コミュニケーション不足で苦手になりますが、よき理解者がいなかっただけです。

死ぬ為にリストカットしたりとしてしまいますが、発達障害は自分が気付いてないだけで、物凄い才能を秘めている事が多いです。才能は絵本にありましたから、絵本の世界が活躍する場所です。

会社を転々としても、コミュニケーション苦手でも死のうとしても今までは認識不足でした。障害者とレッテルを貼られていたので自閉になり自信を無くしますから、世間がそのような目で見てしまいます。発達障害の人達は何かの才能を持っています。絵本作家に導いてくれたのは誰ですか。

出来事はきっかけになります。

少しづつ自分の世界を作っていくことで、世間から認められるようになります。

生きる勇気かけがえのない存在になっていきます。発達障害だと最初は苦しい時が長かったと思いますが、そこで諦めない人達も多いので、理解者は沢山います。

よき理解者は凄い才能に気付いていますから、ゆっくりと才能を引き出してくれる人がいて輝けるのです。焦って急いでみても遠回りして回った方がいい結果に繋がります。

絵本作家で動物に繋がったのはいい事です。

今でも苦しく過ごしている人達がいますので、絵本で励まして下さい。

人生の転機が誰にも訪れます。アスペルガーは素晴らしい才能を持っています。

実話:自分はよく病院に行く事があります。家の子特別学級に行く事になりそうと言われた事があります。

自分は言いました、特別な人達が行く所です。周りの人達が簡単に諦めない方がいいですよ。
 

NONFIX/動画/見逃し配信/フル無料視聴/再放送フジテレビ/10月7日~みどころ

NONFIXはわりと楽しみにしている番組です。興味を引くような内容が多くこれまで何でも視聴してきました。

今回は発達障害の絵本作家のドキュメンタリーだという事です。

私は発達障害の人に興味があるのです。

アスペルガー症候群なら知人にも手帳を持っている人間が何人かいますし、親戚にも一人います。

障害としてはそこまでまれなものではないと思っています。境界例まで含めるとアスペルガーにはかなりの人数がいるそうです。

簡単に就職できて社会に普通に適応している人もいればそうでもない人もいるという知識を私は持っています。

今回特集される方は症状が重めで社会になかなか居場所が作れない人なのだと思います。どういうふうに絵本作家になったのか、どういう風に苦労をしたのか、どうやって今いるところにたどり着いたのか知りたいと思います。

どういう顔をしていて、どういう笑顔で笑うのかも見てみたいと思います。

何故かというとアスペルガー症候群の方の顔には特徴があることが多いからです。普通の人とそれほど大きな差異はありませんが年齢の割に若く見えたりすることが多かったり、あまり表情豊かに見えないということがあったりします。

私の周りにいるアスペルガーの人達と同様なのかそうでないのかにも興味があります。同じ障害でも人によって違いがあるので。

アスペルガー症候群のひとはさまざまな苦労を背負うことがあります。

発達障害が原因で具体的にどう苦しんだのかにも興味があります。私も発達障害の気があります。

アスペルガーではなく注意欠陥のほうですが。

社会人に出てから適応するまで、居場所を見つけるまでの苦労は他人事とは思えません。

多分共感出来ると思うので今回ドキュメンタリーの主題になった絵本作家の西出弥加さんがどう語るのか興味があります。

ちょっと救いようのない絶望感があったのではないかと考えています。自殺未遂とリストカットについても書かれていますから。最後に西出さんが暗いトンネルをどうやって抜けたのかにも注目しています。大きな問題があり、それを切り抜ける話に私はとても興味があります。同じ境遇でなくても参考になったりするので。どういう努力をしたのか、どういう強みを生かしたのか詳しく知りたいです。西出さんの場合は絵の才能という事だと思いますが、ツイッターの生かし方など障害がない普通の人でも参考になる情報が含まれていたら見た甲斐があったなと思うはずです。

NONFIX/動画/見逃し配信/視聴者の評価

発達障害というハンデを持ちながらも幻想的で独特な世界観の絵本を出品していてすごいと感じます。
人と分かり合えずに苦しみ続けて幼稚園のころから「死にたい気持ちだけが親友だった」という言葉に衝撃を受けます。
人とのコミュニケーションが苦手で誰とも共感し合ったことがなくあだ名がロボットというのもずっと辛かったのだろうなと思います。
それでも大学卒業後就職したり5社転々としたにしてもチャレンジしたことがすごいと思います。

そんなに辛く苦しんできたのに今は、苦しみや生きずらさを抱えている人の心を癒したいと絵をかき絵本を作っている人生にとても興味を惹かれます。
辛く苦しかったのに人を今度は癒したいと思える彼女の人間性にとても感心しますし魅力的だなと感じます。

苦悩やどのような人生を歩んでいるのかや生きる決意をしたきっかけなど知ることが出来るのがすごく楽しみです。

散々苦しい思いをしたからこそ人に響く言葉や絵が描けるのだろうと思うので絵本だけでなく絵本作家さん自身の生活、人間性を見れるのはとても楽しみで興味があります。

苦しみ生きているのがつらいと感じている人に共感と勇気を与えてくれるのではないかと期待してしまいます。

NONFIX/動画/見逃し配信/フル無料視聴/再放送フジテレビ/10月7日~ストーリー性

 
西出弥加さんという発達障害を抱えた絵本作家の方がテレビ出演されるそうです。

彼女のことを調べてみると、モデルとして仕事をしていた時期もあったようで本当にキレイな人です。

けど彼女は自分の障害による症状のことで死にたい気持ちが幼少の頃からずっとあって、リストカットや自殺未遂を何度も繰り返して来たそうです。

番組の説明には死にたい気持ちが友達と書いてありますが、本当はそうではなくて絵を描くという行為が自分の生き甲斐だったのではないかなと思います。

今でも自分の障害と葛藤を続けていると思いますが、それでも現在は障害に苦しんでいる人を励ます側になれたというのは素晴らしいことだと思います。

29歳の時までずっと死にたい気持ちを強く持ち続けていた彼女に一体どうやって前向きな感情が持てるようになったのでしょうか。

そのあたりも放送してくれると嬉しいです。

この方のツイッターを見ていると凄く気持ちが優しい人だということが伝わって来ました。

優しい心がないとあのような絵は描くことは出来ないことでしょう。

そして西出さんの旦那さんも障害を持っている方だそうですが、もしかすると番組で放送されるかも知れませんが、旦那さんとの出会いは自殺未遂をして駅で倒れていたらサヤカさんに助けられたことが出会いだったそうです。

凄くびっくりしましたが素敵です。

倒れている人を助けてあげるという気持ちがあることも素晴らしいです。
放送を見るのが楽しみになって来ましたが遅い時間なのでリアルタイムで見れるよう頑張ります。
 

NONFIX/動画/見逃し配信/フル無料視聴/再放送フジテレビ/10月7日~まとめ

 

これまで森達也さんとか、是枝裕和さんなどが、踏み込んだドキュメンタリー番組を撮ってきた「NONFIX」ですが、不定期な番組なのであまり知られてはいないと思いますが、フジテレビでは珍しく、これまで硬派な内容を追求してきている番組です。この放送回ではアスペルガー症候群の絵本作家西出弥加さんを追います。

アスペルガー症候群はその位置づけがかつては学習障害の一部と見られ、現在は発達障害のひとつとして自閉症スペクトラムとも言われています。

個人的には精神医学的な位置づけはどうあれ、こういう社会的環境次第によってマイナスになるけれども、周囲の理解があれば、その才能を社会に還元できる才能があることを、こういうドキュメンタリーを通して、多くの人に理解してもらいたいと思います。

それはアスペルガー症候群に限らず、多くの障がいについても言えることです。

2020年にはパラリンピックも東京で開催されますし、パラアスリートばかりでなく、多くの障がい者に目を向けて欲しいです。西出さんの作品は優しい生命感にあふれ、ファンタジックな世界が広がるものです。

子どもの頃にロボットとあだ名された西出さんの中には、こんなにも豊かで素晴らしい世界があることを気づけなかった人たちがいました。

彼女の歩みと作品を知ることは、きっと多様性の時代とはどういうことなのかを教えてくれるだろうと期待しています。
 
NONFIX/動画/見逃し配信/フル無料視聴/再放送フジテレビ/10月7日~ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NONFIX/動画/見逃し配信/フル無料視聴/再放送フジテレビ/10月7日~